果物ナイフ

2月 6th, 2008 § 果物ナイフ はコメントを受け付けていません。 § permalink

いつも通りの出勤の朝、髪をわけ頭皮に爪を立てて少し頭痛が残っているかしらと、曇り気味のまだ薄暗い窓の外をしばらくぼんやりと眺めた。

ベッドの脇のランプを消す前に、黒いスケジュール帳を開き、
「あしたは水曜日」
と声を出して午前の会議の時間を確認していた。部屋を暗くしてから、暫く瞼を開けたまま、気持ちが妙に冴え渡り、眠れないかもしれないと棚のウヰスキーを睨んだところまで覚えている。どうやらこつんとそのまま寝入っていた。

紅茶の残りを流しに棄て、昨夜遅く口にした柿の皮を剥いた果物ナイフを洗わずにいたことに気づき、水道の水で刃に残った果肉を落とし、布巾で拭いてからキャップをして振り返り、通勤に使ってもう2年になる、草臥れてきているショルダーバッグの底に投げ入れていた。

会議の後は、部下の女性からの細かな仕事上のクレームを笑顔を受け入れていた。
就業終了の時刻まであと30分という時になって、上司から残業をしてもらえないかと、低姿勢に頼まれて断れなかった。2時間程書類を紅く染めるチェックの業務を続け、一気に仕事を片付けてから椅子に背を預けてゆっくり背骨を伸ばしオフィスを眺めると、若干の人気が残っているようだったが人の姿はなかった。
誰もいなくなったことで、気持ちの張りが抜け、化粧室に行きファンデーションを拭い落としてから、ハンカチを探すとバッグの底にある果物ナイフに指が触れた。鏡に映った瞼の回りから丹念に再び化粧をはじめていた。
両手の指先を内側に曲げての爪をみつめてから、窓のほうへ首を回すと、ガラスに雨が打ちつけている。随分前からさんざん降り続いた様子だったが、全く気づかなかった。傘を忘れたわと呟いていた。

girl

11月 29th, 2007 § girl はコメントを受け付けていません。 § permalink

仕事に疲弊した人間も、小さな成功を握りしめた微笑みを口元に残す人間も、塾へ急ぐ早足の子供も、買い物の荷を重怠い幸せとして両手に抱えた老人も、やや急ぎ足で行き交う都市の角の階段に、そういう種類ではないとはっきりわかる汚れた服装の女が座り込んで頭を振っていた。指先のタバコの煙が無限を描いている。
約束までの浮いた時間を潰すために飛び込んだ喫茶店の窓から、夕暮れの赤い空と慌ただしい町並みをぼんやり眺めている時に、眺めの中で注視すべく対象として、その輪郭が際立った。
汚れていると最初は思った服装は、実は濡れているようで、雨など降ったかと一日を振り返ったが、晴天の健やかな秋の一日だけが淡く思い返されて首を傾げた。大丈夫?と冗談を含ませて近寄り肩を叩く友人が付近にいる筈で、タオルかなにかを取りにいっている。一度は自分のポケットから取り出したスケジュールを眺めて落ち着いたが、細い線のような声が聴こえたような気がして再び窓の外を見やると、矢張り女は首を振って、濡らした服の裾を片手で叩いている。よくみれば、足下に女のバッグが転がって中身が散乱している。おかしなことに通り過ぎる人間は皆、歩みを止めることなどせずに、その散乱した口紅やハンカチや財布や手帳を上手に避けて跨いで歩き去っている。
女の腕はタクシーのライトを浴びる度に、白く浮き上がった。ひどく白いなあと思った。
夕刻の約束は食事の席で行う種類のものではなかったから、軽く腹を満たしておこうと注文したサンドイッチが目の前に運ばれたが、食欲は萎えて、一片を掴んで一度かじって皿に戻していた。
首を振る女が徐々に暮れる夕闇に紛れるのを眺めながら、約束などどうでもいいと携帯を取り出して、急用ができたので本日は伺えないと他人の声で断った。
注視を促されてどのくらい時間が経ったのかわからない。唐突に女は足下のバッグを取り上げて、散らかった物を拾い上げ、突然の事故で転んだ行き交う人間の仕草で腰を伸ばして立ち上がり、傘を広げて何もなかったように足早に歩きはじめた。西の空は既に闇に消え、ネオンを反射する低い雲から再び小雨が降り出したようだった。

Where Am I?

You are currently browsing the rain category at edamanoyami.