尸童依代ノ焚

11月 26th, 2013 § 尸童依代ノ焚 はコメントを受け付けていません。 § permalink

 樹々の幹先から中程までが大きく揺れ重い風が乗ったかと見あげたが鳥獣の叫びも無く静まりかえった光景の中に居る奇妙な不思議さこそが自然の成り行きと感じられる。境界ではなくて既に外にいるのだと繰り返した筈の自明の滲みが蒼く四肢に広がる。耳の痒みに手を添える格好が今では遠くを聴くような手のひらの形に慣れ、時折妙な方角から妙な音を拾う。

ー「行方は」
ー「その海辺から持ち帰った丸い石を眺めていると軈て到頭目玉が鉱物になってしまうよ」
ー「囲炉裏の回りに斧や鉈や鎌を並べて夕暮れから深夜まで毎晩研き続けた季節から女の瞳の色が変わってな。こちらも刃には近寄らせなかったようなところがある。家内は刃の毀れた包丁で飯をこしらえていたが研いでくれとは言わなかった」
ー「うっとりとした顔をしていたんだろうな。男のそれは気色のよいものじゃない」
» Read the rest of this entry «

Where am I?

You are currently viewing the archives for 11月, 2013 at edamanoyami.