流涙

5月 12th, 2013 § 流涙 はコメントを受け付けていません。 § permalink

長いソファの両端に女は膝に両手を置いたまま背筋を伸ばし微動だにせずため息を堪えて唇を結び辛うじて小鼻だけ動かして呼気を吐きかんばせに薄く浮かんで現れるさまざまな表情を睫毛に指先で触れて無人の脱衣場で下着を脱ぐ幼気を真似るでもなく記憶を流して下に落とし男は半身を崩し左手で頤を支え俯き時折頚を埋めた肩をぶるっとひとつふたつ震わせ深海の遠吠えのような低い嗚咽を隠さずふたりの男女がその周囲の吸い込まれ吐かれる大気を二度と吸い込むことのできない重金属へ変成する鋳型となった軀で累々と涙を流している。窓の外の冬の陽光は朧な白い霞に遮られ時の速度が愚鈍に遅延するかに涙と光を鈍く混じり合わせいつまでも同じ事が繰り返されることを望むような色合いで彼らを支えふたりは傍らの存在を充分に涙の輪郭に感じ取りながらも男は濃度の増す血流の混濁の外へ女は氷原の白い植物のような寡黙さの上空へ飛翔したいと生存の指向を低いところから上目遣いで位置させつつ差異を尚一層強調して孤立する涙それ自体の示す自己を只管にそして白地に裏返った現実のリスクとして互いの涙流が決して交わらない確信の証となって流れ出るのだと得心する変成鉱物宛ら煌めく濡瞳をまずは重く成熟させるのだった。 » Read the rest of this entry «

Where am I?

You are currently viewing the archives for 5月, 2013 at edamanoyami.