見てはいけない

4月 16th, 2008 § 見てはいけない はコメントを受け付けていません。 § permalink

防波堤の上に立つ男の姿が消えた。
季節は寒暖を繰り返す不安定な日が続いており、風も冷たいものを含んでいる。休日だから釣り人も居て、座した父親の元から走り出す子どもの姿も見えた。朝方迄年度末の書類の片付けの残りを、頼りない部下に任せて、手抜きの修正に時間をかけるのがもどかしいので、独りで背負い仕事を仕舞い終えてから突っ伏して眠っていた。昼前に目が覚めてから珈琲を飲み過ぎた胸の嘔吐感を鼻孔迄何度も戻しながら、知らぬうちにそのまま外に出ていた。
烏賊と貝を焼いて芳ばしい香りと煙を立てる小さな出店の割烹着の女に、男が海へ飛び込んだようだと小さく声をかけると、女はこちらと瞳を合わせるように睨んでから俯き、網の上のものをひっくりかえしてから、
「いいんだよ」
ぽつりと言った。
振り返って防波堤を再び眺めやると、男が濡れた服装のまま這い上がってくるのが見えた。暫く立ち尽くしたように海を眺め、ゆっくり数メートル歩いてから立ち止まり、また足元の海を眺めている。
女に問いかけようとすると、女は顎で防波堤を示したので、首を曲げると、男は海に飛び込んだ。
「子どもが溺れたんだよ。去年の夏の終わりに。何度かああして探しに来ているのよ。」

このあたりでは知られているらしい。近く迄歩み寄って、男が這い上がってくるのを眺めると、まだ若い男で、(もう少しで、)と呟いている。 
濡れた男は、肩で大きく息をして、離れた所にシートを敷いて日傘をさして座っている白い服装の女性の元へ歩いて座り込むと、女の白い腕の先のタオルで子どものように頭を垂れて拭かれるに任せた。

仕事場に戻る途中、烏賊焼きを買おうと先ほどの店に寄ると、割烹着の女が、
「見てはいけないよ。あたしだったら旦那を殺している。あの奥さん許せないわ。」
と小さく呟いた。

砂漠

1月 8th, 2008 § 砂漠 はコメントを受け付けていません。 § permalink

ずぶ濡れで全身から水を滴り落としながら砂漠を歩いていることに少しも疑問を抱かずに振り返ると、足跡が延々と続き、長い時間歩いてきたのだと呟いた。踝迄砂の中に埋まった素足の先で海岸の砂を憶い出そうとしていた。
ふいに喉に何かが詰まって咽せ、歩行の感覚は失せて浮遊に変わり、気づくと波間から辛うじて鼻先を出して漂っていた。細長い発砲スチロールの廃材に身体を貫かせ意識を失っていたときの浅い夢が砂漠の歩行とは。現在の自身の危機的状況よりも、その奇妙な想起の重なりに、確かにずぶ濡れには違いない、晴れ渡った青い空を見上げてから言葉を含んだ笑みが口元に広がり、笑う状況ではないと慌てた。
胃まで呑み込んだ細い紐を左手で手繰り出し、身体の位置を変えて安定させてから四肢を確認する。血が滲む肩にやや深い切り傷があったが痛みはなかった。周囲を見渡すと遠くビルの凸凹のある陸地が臨むことができ、タワーなどの先端も見え隠れする。東京湾に浮かんでいる。
頭のすぐ後ろでエンジン音が聴こえたので頭だけ捩る。ほんの数十メートル先をタグボートが進んでいる。助けを頼もうとするが声が出なかった。人間の身体が廃材に隠れているのだろうか、腕を上げて幾度も振ったが船は遠ざかっていく。地面が見えるだけましだと斜めに傾く陸に向かって弱く泳ぎ出した。
一体どうしてこのような状況に陥ったか憶い出そうとするが、空腹が様々な料理を浮かばせるだけで、地下鉄で座っていた事の他は辿れない。それよりもなんとか死から免れようと把握のできない長い時間足掻くように防波堤へ近づくことだけの為に身体を使った。幾度か嘔吐した。
気づいた時は真上から陽が差していたようだったが、潮流に流され身体の力も萎えていたようで、数時間後の西日となりつつあった頃、ようやく防波堤の壁に触れることができたが、這い上がる場所が無い。暫く壁にしがみついて身体を休めた。
個人経営の釣船の木製の桟橋に、満ちた潮のおかげで這い上がった時は既に、ネオンに輝く夕刻となっており、泳ぎの邪魔となって海中へ脱ぎ捨て、下着姿の動く死体のような格好で、よたよたと残った体力で歩道を急ぐサラリーマンのひとりに、弱く交番を尋ねようとするが声がでないので後ろから肩に触ると、年配の男は驚いて声を出し遠ざかってからまた近づいて、「大丈夫ですか」と声をかけ、同時に幾人もの人間が走りよって来るのを見ながら、そこに崩れ落ちるように意識を失った。アスファルトに頭をペタンと倒した時に、砂漠をずぶ濡れで歩く自身へ戻りたいような甘えが浮かんだ。

Where Am I?

You are currently browsing the sea category at edamanoyami.