腕落ち

7月 7th, 2012 § 腕落ち はコメントを受け付けていません。 § permalink

遠い時間の向こうに顎を寄せ頭骨が髪の生際の皮膚を薄膜へ張りつめる耳の裏に歯をたてた覚えはある ー が名を忘れてしまっている女が恰も自らの股からぬるりと絞り出して放り ー 色の塊を叫び吐いた口元のカタチが細い顎に残され ー そして離れずに獣の一部のように蔑んでみつめる裏腹な距離を意固地に保って向こう岸のモノよ下卑た解釈を加えてから今一度自らの血肉を整えて拒絶するかの女の、ー 出来れば誰もいなくなってから隠れて持ち帰ってしまおう。それから考えるわ ー 赤い舌に強かに陰る淫猥な滴りの瞳に乾いた斜視が男の目玉に宿り、あるいは抱いた女よりも遠い記憶の陰の黒い骸の女親から無用が移り遺ったと幾度か考えたことのある面倒に似た違和ばかりの発疹のようなしきりに痒い重い瞼を、瞑ろうとも瞬きもせずにぐったりとたっぷりとそのままに立つ恣意を昂らせる気配が役者のようでもある皮肉を輪郭に微動させる男の、落ちた腕を眺めている姿は無表情を頼りにしていた。 » Read the rest of this entry «

Where am I?

You are currently viewing the archives for 7月, 2012 at edamanoyami.