未分類

運搬考

 次元構造略式図の余白に放下した線から円(森の中の湖という幾何として)を立ち上げ

/ No comments

運搬考

 次元構造略式図の余白に放下した線から円(森の中の湖という幾何として)を立ち上げ

/ No comments

山舟節

 父親が晩年、呉昌碩(1844~1927)に研究傾倒し、篆書にて創作し遺した杜甫

/ No comments

山舟節

 父親が晩年、呉昌碩(1844~1927)に研究傾倒し、篆書にて創作し遺した杜甫

/ No comments

発見証明

ー  たとえばに過ぎませんが、詩における「発見」ということ。 或る作品が真に「発

/ No comments

発見証明

ー  たとえばに過ぎませんが、詩における「発見」ということ。 或る作品が真に「発

/ No comments

由時置(追蹤考)

 厳密には追懐といった再び憶うこととは異なっている。つまり「未知」が放り出された

/ No comments

由時置(追蹤考)

 厳密には追懐といった再び憶うこととは異なっている。つまり「未知」が放り出された

/ No comments

存在の気質(かたぎ)あるいは見立て

 2016年末から2017年に向けて思うこと   この国では古来より「見立て」と

/ No comments

存在の気質(かたぎ)あるいは見立て

 2016年末から2017年に向けて思うこと   この国では古来より「見立て」と

/ No comments

擬態と未知

 小布施ミュージアム中嶋千波館で開催している小山利枝子展を観る。90年代初頭から

/ No comments

擬態と未知

 小布施ミュージアム中嶋千波館で開催している小山利枝子展を観る。90年代初頭から

/ No comments

抑制と跳躍(軽やかさというコト)

 時間の経過がその固有生の可能性の幅を限定していても、なかなかそれには気づかない

/ No comments

抑制と跳躍(軽やかさというコト)

 時間の経過がその固有生の可能性の幅を限定していても、なかなかそれには気づかない

/ No comments

距離の

 自らを決して卑下しない都度の率直(そっちょく)に従う魂は美しい。

/ 距離の はコメントを受け付けていません。

距離の

 自らを決して卑下しない都度の率直(そっちょく)に従う魂は美しい。

/ 距離の はコメントを受け付けていません。

深い眠りの君の横で

混濁と節操の喪失を醸す時空を生きていたと振り返れば25年ほど猥雑な空間で物を考え

/ 深い眠りの君の横で はコメントを受け付けていません。

深い眠りの君の横で

混濁と節操の喪失を醸す時空を生きていたと振り返れば25年ほど猥雑な空間で物を考え

/ 深い眠りの君の横で はコメントを受け付けていません。

物語(併置言葉の策定)と心細い仕立ての等価位置

心細さとは先の見えない淵に向かう手だての貧弱を示すが、これは豊穣な手だてが淵の全

/ 物語(併置言葉の策定)と心細い仕立ての等価位置 はコメントを受け付けていません。

物語(併置言葉の策定)と心細い仕立ての等価位置

心細さとは先の見えない淵に向かう手だての貧弱を示すが、これは豊穣な手だてが淵の全

/ 物語(併置言葉の策定)と心細い仕立ての等価位置 はコメントを受け付けていません。